私たちについて

「ラングドック・ナチュール」は2004年6月に開業しました。旅行会社の創設者は、フレドリック・セルタンとファビエンヌ・ル・ヴェリーです。ここに2人の経歴を まとめます。

 

フレドリック・セルタン

  • 1967年 シャテルローに生まれる 漁師の一家に生まれ、子供の頃からつねに自然の魅力に引かれていた。その後、自然の中でスポーツ活動を実践し、それによって違う視点から自然界を把握することを可能にしていく。
  • バカロレア農学系、農産物加工業の技術者としての資格を取得
  • 2003年まで農産物加工業に従事
  • 180度方向転換、自然を中心として旅行会社のプロジェクトをはじめる。
  • 2004年、「ラングドック・ナチュール」を創設、2004年6月8日旅行会社の認可取得

この創設は、彼が恋したこの地域を、活気づけたいという強い意志から生まれたものです。業務として彼は、ツアーを企画、インストラクターやその地域の人々との連携、遠足(徒歩、自転車トレイル、スキーノルディック)の行程の確定、そして参加者を最高の準備で受け入れる人々とのやりとりを担当しています。

 

ファビエンヌ・ル・ヴェリー

  • 1968年    タレンスに生まれる
  • 1991年 アンジェールでツーリズムの修士号取得
  • 1992年 ロンドンで学士号取得
  • 1993年 パリ、ホテルカスティリョーネ勤務
  • 1998年 息子ヤンの誕生
  • 1998年 モンペリエでツーリズムの講師につく
  • 1999年 英語−フランス語の翻訳家
  • 2002年 次男チモテの誕生
  • 2004年 「ラングドック・ナチュール」を結成

ファビエンヌはツーリズムに対して情熱的で、お客様の声を聞くことが旅行を企画する彼女の行程において、一番の中核になっています。業務として彼女は、インターネット上のサイトの管理、インターナショナル上の繋がり、一般的経理を担当しています。「ラングドック・ナチュール」外では、モンペリエのツーリズム専門学校INFAの責任者でもあります。
 

1998年以来この地方に落ち着いて、フレドリックとファビエンヌはラングドック地方と南マシフ・サントラルについての知識をかなり深めてきました。日一日が、この異様な場所、うっとりするような小道、地中海性の植物相、そしてとくにそこに住み、この地で働く人々を少しずつより詳しく知っていく機会となっています。

旅行愛好者たちは、山歩きするためにネパール、アイスランド 、モロッコ(アトラス山脈)、クレタ島、シシリア、ケベックへ旅立ちます。

ピレネー山脈、マシフ・サントラル、ジュラ山脈、アルプス山脈 …など忘れないでください。歩いての散策、自転車、あるいは冬のスキーノルディックでも良しです。